2017年1月21日 admin

頬骨削りのメリット・方法

つるんと卵型の輪郭はみんなが憧れますよね。特に頬骨部分が出ていると、きつい印象を与えてしまいがちです。この頬骨の出っ張りを削り、女性らしい柔らかいラインにすることで顔の印象が劇的に変わります。この手術のメリットは、女性らしい印象のフェイスラインにするだけでなく小顔効果や若々しく見えるといった効果もあります。そしてこの手術は半永久的な効果が続くので、一度施術を受ければ定期的な通院などが必要ないといった点もあります。

頬骨削り手術までの工程には何があるの?

他の美容整形と同じで、まずはドクターとのカウンセリングが最初に行われます。そこでは自分の理想となる仕上がりを伝えることだけでなく、希望する仕上がりが患者のイメージと合致しているか、そして手術におけるリスクや危険性、術後の過ごし方などを説明されます。そしてこの手術は全身麻酔を使った大掛かりなものとなるため、麻酔医師とのカウンセリングも必要になります。それが終わり、納得がいけば契約となり手術を受けることになります。

術後の過ごし方や注意点

頬骨削りの手術は全身麻酔を使ったものになるので、多くの場合が手術当日は入院を必要とします。麻酔が抜けた直後から3日間の間は、個人差がありますが患部の痛みや腫れ・内出血などが起こります。大抵のケースは痛み止めや化膿止めが処方されるので心配はいりません。内出血が起きた場合は、そのままにしていても2週間前後で完全に消えるので何もしなくても問題ありません。しかし早く消したい場合には、痛みが完全に引いた後に温めたタオルで患部を優しく包むといいです。

ビビーブはメスを使わない膣縮小が出来る画期的な治療法で高周波を使用して膣の緩みを改善する事が出来ます。